iPhone8 Plus用も! 本気で探したおしゃれで機能的なケース6選+α

2017-10-191,001~3,000円, 3,001~5,000円, モバイルアクセサリ, 5,001~10,000円, 10,001~30,000円, オーダーメイド・セミオーダー

今までAndroidユーザーだったのですが、とうとうiPhoneユーザーになることになりました。はじめてのスマホ以来、ずっと大きめスマホだった筆者、たまに主人や子どもの4.7インチiPhoneを操作すると「んあ゛っ!(怒)」となっていたので、迷わずiPhone8 Plusに決めました。「iPhoneなら好きなスマホケース選べる」と思ってましたが、前から気になっていたブランドのオンラインショップをチェックしたら…「え?!iPhone8 Plusのケースが少ない!」スマホケースのためにやっぱりiPhone8にするのも悔しいので、探しました!機能で選ぶか、デザインで選ぶか、かわいいのにするか、落ち着いたのにするか…迷ったイロイロを紹介します。

おしゃれで機能的なiPhone8Plusケース
出典:Casetify

ケース選びはiPhoneの醍醐味のひとつ、でしょ?

筆者は特にAndroidスマホ自体に不満はなかったのですが、強いて言うなら「スマホケースの選択肢が少ない」という点でした。おしゃれなお店で見かけたかわいいスマホケースを衝動買い、にちょっと憧れてました。今回、iPhone8 PlusはiPhone8ほど選択肢が多くはなかったものの、やっぱりAndroidに比べると圧倒的な選択肢の多さ!ケース選びの際に候補として考えたのが次の3パターンです。

最終的にはクリア系のデザインケースに決めました。今回は途中候補や参考にしたお店を紹介したいと思います。女性にはかわいいデザインのオーダーケース、男性には上質でビジネスシーンでも使えるケースをプレゼントしても喜ばれそうです。


バンパー

iPhone本体の質感やデザインを活かせてスタイリッシュなバンパー。知人が使っていて「いいな」と思ってたものの、筆者が使っていた機種(Android)は対応するバンパーが見つからなかったので、まず選択肢にあがりました。筆者の場合はバンパーでもガラス面を破損させないように扱う自信が持てなかったので、今回は見送りました。

TORRAS iPhone 8 Plus ケース / iPhone 7 Plus ケース バンパー

  • ¥3,599(参考価格)
TORRAS iPhone 8 Plus ケース / iPhone 7 Plus ケース バンパー

iPhone8のガラス面の質感を楽しみつつある程度衝撃から守りたい方、Qiで高速充電する時の発熱が心配な方に

樹脂とアルミの二層構造になっていて、傷つきやすい四隅もがっちり守ってくれるバンパーです。カメラレンズよりフレームの方が高くなるよう設計されているので、テーブルに置いた時にレンズを守ってくれることはもちろん、iPhone8から採用された背面ガラスの傷予防の効果も期待できそうです。とはいえガラス面は露出されているので、ケースほどの保護性能は望めません…。高速ワイヤレス充電の際の発熱対策というメリットもありますね。水を差すようですが、Apple Care+に加入していない場合、ガラス面の修理代金はPlusだと4万円超だそうです。(加入していても1万円は超えます。)ガラス面も大切に扱える自信のある方にはいいかも知れません。TORRASのバンパーはブラック/レッド/光沢ブラックの3色あります。

【Palmo】iPhone8Plus ケース / 7Plus ケース

  • ¥2,680(参考価格)
 【Palmo】iPhone8Plus ケース / 7Plus ケース

デザイン性・機能性に優れた高品質シリコンケース

こちらは世界3大デザイン賞の一つ、「レッドドットデザイン賞(ドイツ)」と日本の「グッドデザイン賞」をダブル受賞したモダンデザインの保護ケース。ケースと言ってもご覧の通り、本体をすっぽり収納するわけではないので、バンパーのひとつとして紹介しました。一見するとしっかりホールドするためのラバーバンドのように見えますが、しっかり米軍MIL規格も取得して、耐衝撃性能も折り紙つき。最近はMIL規格を取得したスマホケースはわりとよく見かけますが、見るからに丈夫そうで、かっこいいけど、使うシーンを選ぶ商品が多い気がします。この商品は「見た目はそれっぽくない」ところがいいな、と思います。これならリングのように邪魔にならず、滑りやすいガラス面でもしっかりホールドできて、ガラス面の質感も楽しめますよ。写真のブラック以外にも様々な色・デザインが揃っています。


レザーケース(本革ケース)

iPhoneを含め、スマホって機能が充実するにつれて、どんどん高価になってきているので、ちょっといいレザーケースに入れて長く愛用したい、という方も多いのではないでしょうか。ここからはそんな方におすすめのレザーケースを紹介します。筆者の場合は、今回は初iPhoneということもあり、iPhoneのデザインが隠れてしまうレザーケースは見送りました。

GRAMAS Full Leather Case Limited for iPhone 8 Plus/7 Plus

  • ¥14,000(税込)
  • GRAMAS
GRAMAS Full Leather Case Limited for iPhone 8 Plus/7 Plus

iPhone 8 Plus/7 Plus対応数量限定のフルレザーのバイカラーモデル

ポリカーボネートとレザーのハイブリッド
上質感がiPhoneにぴったりなハイブリッド
カモフラ柄のレザーケース
使い込むほど柄が浮き出てくるカモフラ柄

こちらはiPhone 8 Plus/7 Plus向けのレザーケースです。(iPhone 8/7 向けモデルもあります。) iPhoneの薄さを活かした一枚仕立てで、フラップ内蔵のマグネットがフレームにくっついて固定するようになっていることで、余計な装飾が一切ないミニマルデザインを実現しています。バイカラーのポケットとステッチもきれいな色がそろっている上に、ポケットの上部にわずかに押さえのステッチがはいった”RIPPLE”という構造により、大切なカードの脱落を防止できます。GRAMASは他にも上質でおしゃれなレザーケースがそろっているので、プレゼント用のレザーケースをお探しの方にもおすすめです。


ここからは筆者が今回iPhone8 Plus用ケースを注文したCasetifyからの紹介です。公式ショップで注文するとアメリカで受注生産・発送されますが、送料は無料なので安心してください。最近はCasetifyのケースを扱っている国内のショップも見かけますが、圧倒的にデザインが豊富な公式ショップであれこれ迷いながら選ぶのが楽しくておすすめです。お気に入りのデザインを見つけたら、ケースの形、(グリップケースの場合)グリップの色、(グリッター入りの場合)グリッターの色を選んで完成イメージを見ることもできて便利。料金もケースの形で決まっているから、わかりやすいです。

レザースナップケース/レザーカードケース

  • スナップケース:¥6,400 カードケース:¥7,400(送料無料)
  • Casetify
レザースナップケース/レザーカードケース

シンプルなレザーケースに好きなラインやイニシャルも入れられる

色々選べるカスタマイズ
色々選べるカスタマイズ

Casetifyのシンプルなレザーケースは「”」のプリントがアクセントになっています。アプリからなら3文字までの好きなアルファベットとラインを入れるカスタマイズも可能です。写真のように、好きな色・フォントタイプ・文字の向きを選べます。ケースの形はシンプルなバックケースとポケットつきのカードケースの2タイプ。名入れしても価格は変わりません。

シンプルケースを上質&便利にするレザーポケット

レザーポケット
レザーポケットもデザイン豊富

Casetifyにはレザーポケットというアイテムもあります。粘着テープで取り付けられるカード用ポケットです。本体に直接貼り付けるのに抵抗がある方は、ケースに貼ってももちろんOK。柄on柄で個性的にするもよし、クリアケースにしてiPhone本体のデザインを活かすもよし、です。バックケースは内側に防磁カードと交通系ICカードをセットできるものもありますが、(定期券ではなく)チャージ派の人はやっぱりポケットの方が便利ですよね。かわいいものからシックなものまで、デザインも豊富なので目移り必至です



クリアデザインケース

フラミンゴ柄
筆者はフラミンゴ柄をセレクト

筆者が最終的に選んだのは、透明ケース+デザインでiPhoneのボディカラーも楽しめるクリアデザインケースです。iPhoneってそのままで十分美しいデザインだと思いますが、シンプルなクリアケースにすると、人のと間違えそうなんですよね…。Casetifyのケースの代名詞とも言える「グリッターケース」がかわいい!とは思ったのですが…ちょっとアラフォーという年齢と息子たちの反応(予想)を気にして今回は見送り。同じくCasetifyのクラシックグリップケースを選びました。どのデザインにするか、すごーーく迷った!到着が楽しみです

クラシックグリップケース

  • ¥4,400(送料無料)
  • Casetify
クラシックグリップケース

持ちやすくて保護効果も高いグリップ付きタイプ

筆者も選んだクラシックグリップケースはクリアケースにぐるっと2層構造のグリップがついているタイプ。グリップはクリアを含む7色から選べます。クラシックグリップケースは、持ちやすくて保護効果が高いことに加え、グリップをアクセントカラーにできて、ちょっと「きちんと感」が出るような気がします。ほとんどのデザインは商品ページでクラシックグリップケース、ウォレットケース、スナップケース(シンプルなグリップなしケース)、次に紹介するグリッターケースの4タイプから選べます。

グリッターケース

  • ¥4,900(税込)
  • Casetify
Casetifyといえばグリッターケース

人気のグリッターケースも簡単カスタマイズ

カスタムオーダー
名入れも簡単オーダー

Casetifyのアイテムの中では海外セレブの愛用者も多いグリッターケースがやっぱり人気。グリッターは夏アイテムのイメージが強いですが、スノーシーズンに淡い色のグリッターも素敵です。著名人は大きくアルファベットで名前を入れたシンプルなグリッターケースを使っている人が多いようですが、普通の人はスマホを使っていてまわりの人に名前を知られるのは抵抗がある人の方が多いのではないでしょうか。そんな方にはイニシャルデザインがおすすめ。イニシャルくらいなら、名前は知られないし、ちょっとした特別感もあっていいと思いませんか?ちなみにイニシャルデザインも名前入りのカスタムケースも、他のグリッターケースと価格は変わりません。写真は複数あるイニシャルデザインのうちの一つで、ユニコーンパステルのグリッターを選択したものです。実際の商品サイトではちゃんとグリッターが動く画像で見ることができます。


PAGE TOP