【父の日】男前が上がること間違いなし!こだわりの男性用エプロン

2017-05-28インテリア・雑貨, 結婚祝い, 料理好き, 3,001~5,000円, 5,001~10,000円, お父さん, 10,001~30,000円, 夫婦・カップル, 父の日

筆者は子どもも男ばっかり(中学+高校)なので、男性用のものを探す機会が多いのですが、時々お店で探しても「いい感じの男性用」がなかなか見つからないアイテムがあります。今日はそんなアイテムの一つであるエプロンを紹介します。父の日のプレゼントを何にしようか迷っている方、もし料理好きやDIY好きのお父さんなら、エプロンはおすすめです!

メンズエプロン

父の日や結婚祝いに

母の日の定番プレゼントであるエプロンは、エプロン売り場を見てもなかなか男性向けのデザインが見つかりません。筆者の主人はまったく家事をしないので必要ありませんが、息子が中学から給食当番用のマイエプロンが必要なので、男性用を探したところ、なかなかちょうどいいのが見つからずに苦労しました。最近は進んで料理をするお父さんも珍しくないので、そんな方に、敬意を表して、かっこいいエプロンをプレゼントしてみては?料理好きなご夫婦の結婚祝いにペアエプロンを贈っても、とても喜ばれますよ。

男性用エプロン選びのポイント

幅広い男性に似合うのが、デニムやキャンバスなど、丈夫な素材で大きなポケットがついているものも多い、ワークエプロンです。色・柄はシンプルなので男性でも抵抗なく着れますし、「できる男」っぽいので、気分もあがるはず…。料理好きの男性なら、胸当てのないソムリエエプロン(長めの腰から下だけのエプロン)を選んでもおしゃれですが、油はねを防ぐことも考えると、胸当てのついたエプロンの方が実用的。紐を前で結ぶタイプが、おしゃれで特におすすめです。

あのエプロン男子のエプロンは…

エプロンの似合う男性といえば…速水もこみちさん、ですよね?(筆者は毎朝「ZIP!」を観るので…。)速水もこみちさんはだいたいいつもソムリエエプロンをつけています。以前は所属事務所の物販サイトで「愛用のエプロン」として販売されていたようですが、現在は取り扱われていません。ちなみに速水もこみちさんおすすめのキッチングッズはMOCOMICHI HAYAMI キッチングッズ レシピで紹介されています。ソムリエエプロンは速水もこみちさんのように長身の男性でないとなかなか着こなせないことを考えると、長身のお父さんなら、あえてソムリエエプロンを選ぶのも、ありですね。

MOCOMICHI HAYAMI キッチングッズ レシピ

ここからは男性に似合うエプロンが見つかるお店をいくつかご紹介します。ネットで男性用のエプロンを探すとメンズカジュアルブランドのエプロンがたくさん見つかります。好きなブランドがあればそれもいいですが、そうでない場合、なんだか無難すぎる気がして…。おしゃれなエプロン、特別感のあるエプロンを探してみました。

Simply

  • 予算のめやす:¥5,000~¥18,000
Simplyのエプロン
出典:Simply

男女兼用エプロンが充実

お出かけエプロンを中心としたキッチンブランド、Simplyはほとんどのラインナップが男女兼用です。実はこちら、料理研究家をしている筆者のいとこ(男性)が以前SNSでおすすめしていたお店。ドラマに出てくる料理男子がつけていそうな、シンプルでおしゃれなエプロンがそろっています。ペアエプロンをお探しの方は、色・柄違いや、デザイン違いのデニムエプロンなど、「おそろい過ぎないペアエプロン」も選べますよ。

倉敷デニムや皮ひもカスタマイズも

デニムエプロンのラインナップも充実しています。デニム素材そのものも、こだわりの倉敷デニム。お好みの加工やデザインのデニムエプロンが選べます。Simplyの胸当てつきのエプロンはハトメに首ひも、腰ひもを通したシンプルな作りなので、結んで調整可能で、夫婦共用で使うこともできます。カスタマイズ用のレザーテープへの付け替えも可能ですが、こちらは品切れ気味…。後から手芸用品店で細めのレザーテープを購入して付け替えてみても楽しいですね。

店舗は東京・名古屋・仙台にしかありませんが、WEBショップで購入可能です。

Jones of Boerum Hill

  • 予算のめやす:¥9,400~¥22,000
Jones of Boerum Hillのエプロン
出典:rococochi

NY発のオールハンドメイドワークエプロン

デザイナー、ディアドラ・ジョーンズが飲食店やショップ向けに洗練された品質・デザインの業務用エプロンを、と、マーケティングディレクターの夫、イェステインと設立した「Jones of Boerum Hill(ジョンズオブボーラムヒル)」。Jones of Boerum Hillのエプロンは、販売されて間もなく、NYで人気のカフェやドーナツショップで採用されたそうです。

スタイリッシュな業務用なら、丈夫できちんと感も

カジュアルで着くずしても着られるSimplyのエプロンに対し、Jones of Boerum Hillのエプロンは接客業での使用を考えられえているためか、きちんと感があります。デニムエプロンでは、Simplyのエプロンは8oz(オンス)が主に用いられているのに比べ、 Boerum Hillのエプロンは12ozと、厚みのあるデニムが使われているため、ハリがあってしわになりにくいのです。「もう着くずす年齢でもないから、あまりカジュアルなのはちょっと…」という方や、きれいめのファッションを好まれる方におすすめです。ちなみに厚手のデニムは無骨な印象もあるので、男性が着用するとよりワイルドさが増します。rococochiのサイトに設立者の二人の写真がありますが、Jones of Boreum Hillのエプロンを着用したご主人のイェステイン、ワイルドで山の男にしか見えません…。DIYで使われるエプロンにも、ちょっと木材や工具が引っかかったくらいではびくともしない、こんな丈夫なエプロンがいいでしょう。

DEAN & DELUCA

  • ¥3,240(税込)
DEAN&DELUCAのエプロン
出典:DEAN & DELUCA

シンプルを極めたエプロン

食のセレクトショップ、DEAN & DELUCAは食材やトートバッグだけではありません。こちらのエプロンはホワイトとブラックがあります。シンプルなデザインではありますが、前結びデザインで着用姿がおしゃれです。写真は裾を広げているので女性用っぽいシルエットに見えるかも知れませんが、実際着用すると気になりません。とにかくシンプルを好む男性におすすめ。値段もお手頃なので、ホワイトとペアで贈りたくなりますね。DEAN & DELUCAのエプロンを着用している男性がいたら、かなり美味しい手料理を期待してしまうかも…

FILSON キャンバスワークエプロン

  • ¥11,880(税込)

DIY好きにはとことん丈夫でおしゃれなエプロンを

フィルソンユーティリティエプロン
ユーティリティエプロン
出典:103FILSON WEEKS

DIY好き男性へのおすすめは、フィルソンのエプロン。アウトドアクロージングメーカー、フィルソンは「どうせ持つなら最上のものを」と、100年以上前にシアトルで設立されました。フィルソン製品は、その堅牢さから、アメリカの森林警備隊、や冒険家、アメリカ空軍・陸軍のスタッフ用としても一部使用されているとのこと。フィルソンのエプロンは現在とても入手困難なようで、バックルで両足にもがっちり留めるタイプのユーティリティエプロンはどの店も品切れ状態。かなりシンプルではありますが、ネックストラップなどディテールがおしゃれなワークエプロンが、なんとか楽天のお店にありました。DIY好きの男性本人は、ホームセンターで見かける「作業用エプロン」で十分!と言うタイプが多そうですが、同時に物を大切にする男性も多い気がします。優れた品質と耐久性を誇り、「親から子へ、子から孫へ」着継がれるエピソードも多いフィルソンなら、長く、大切にしてくれそうですね。

Lee BIRTH エプロン

  • ¥6,480(税込)
  • machi-ya
Lee BIRTHのエプロン
出典:machi-ya

地球にやさしいプロジェクトのエプロンは細部にこだわりが

最後はちょっと変わり種をご紹介します。Lee JapanとREBIRTH PROJECTのコラボ「LeeBIRTH PROJECT」の第4弾として販売されているエプロンです。俳優の伊勢谷友介さん率いる株式会社リバースプロジェクトは、環境や人に優しく、長く愛用できるよう、デザインにもこだわった商品をプロデュースしています。型落ち品や(着用に問題がない)B品、C品を再び商品として蘇生させた「Lee BIRTH エプロン」は「恋に落ちる主人公が働くドーナツ屋さんのエプロン」をイメージしてデザインされたんだとか。このエプロンの丈感や、ボタンホールで長さ調節できる首ひも、前結びする細めの腰ひもなど、ディテールが男女共用で使うのにぴったり!筆者世代(40代)にはモチーフがかわいすぎるかも知れませんが、個人的にちょっと気になっている一品。人とは違うデザインを好む方に、いかがですか?

今回は男性に似合うエプロンを集めてみましたが、見ていると欲しくなってしまいますね。母の日のプレゼントコーナーに並ぶエプロンは花柄やフリルのついたものが多いですが、筆者のように「そんなエプロン着る柄じゃない」と思っている女性も、今回紹介したようなエプロンの方が贈られて嬉しいのでは、と思います。ちなみに筆者が普段使っているエプロンは…幼稚園の先生をやっている姉が定期的に贈ってくれる、絵本キャラクターのスモックです。機能面はばっちりで、これを着ると「保育園の先生気分」でちょっとやる気が出るんですが、さすがに学校のバザーの手伝いなど「外用」は、マダム風(?)に、プロヴァンス柄の細身のエプロンを使っています。



PAGE TOP